先日、夢を見ました。

パターンが三回変わる夢。

1つは忍者の修行。

何人かの仲間と木々の上を飛んで、まるでアニメのナルトのようでした。

衣装は真っ黒だったけど。



次のシーンに変わって、リングに出てくるような城の中。

私は廊下をせっせこ磨いていました。

暗雲立ち込め、空がスパークしだした激しい夜です。

ヒゲの長い、ムキムキマッチョな外国人の巨人が私の名前を呼びます。

私は怖くて壁に背をつけて隠れ、見つからないように息を潜めます。

でも、巨人はどこにいるか分かっているかのように手を伸ばし、テラスに隠れてる私を見つけてしまうのでした。

「ここにいるのかぁい?」

と、太い声、でも日本語(笑)

どうやら、お嫁さん候補になってしまったようです。

私は恐ろしさと悲しみで顔を覆います。

巨人は、

「なぜ泣いているんだい?」

と優しく覗きこんで聞くのでした。

でも、わたしはプイッとして言葉を交わさず、また床を磨きます。

その後わたしは連れて行かれたのですが、しばらく後に巨人に言ってました。

「こんなに貴方を愛せると思わなかった」

と…。


巨人は、悲しそうな私を見て、村人達にも優しい巨人に変わっていったのです。

巨人の持っていた広大な土地を人々に分け与え、困っていたら助け、すっかり慕われる巨人です。

私はそんな巨人の優しさを知り、妻となってよかったと伝え幸せに暮らしたのでした。


あとで振り返ると巨人の身体、最初はお城くらいあったのに、最後には180センチくらいの身長のお髭紳士ってくらいになってたなーw

なんだ?凄いズレ!(笑)



3番目の夢は、私はダンス教室?にいましたよ〜♪

何故かラブマシーンを30人くらいで踊ってました。

変装した男子がメチャかわいかったです。

一体何の出し物の練習だったのだろう?



夢から覚めて…8時間睡眠の中でいっそがしく夢をみたからか起きたら頭が痛かったです。


夢って、いつもカラーで、割とよく中身を覚えてるんですよね…


うーん、
ぐっすり眠りたいもんだ!(⌒-⌒; )